TOP  >  活動風景  >  pianoman  >  コンサート

pianoman さんの日記

2021
11月 28
(日)
21:30
須関裕子(Pf.)、髙木凜々子(Vn.)デュオ リサイタルを開催しました。
カテゴリー  コンサート
本文
2021年11月28日
     


●~2021 You & 愛♡ ハートフルコンサートVol.7~
須関裕子Pf.髙木凜々子Vn. デュオ リサイタル

 

須関裕子さん(Pf.)、髙木凜々子さん(Vn.)のデュオ リサイタルが開催されました。

 

須関さんと髙木さんの息のあった演奏でした。とても華やかで、あっという間に時間が経ってしまいました。演奏中のお二人の笑顔がとても素敵でした。会場にいる皆さんが一音一音に集中し、一体感がありました。(広報/元規)


さて、来場者の皆さまより、たくさんのコメントをいただきました。その一部をご紹介します。


  • バイオリンの響きも素敵でした。ピアノとのバランスも良かったです。本日はありがとうございました。
  • こうしてお二人の手を間近に見ながら聴くのは良いですね。
  • 足を運ぶ度に熟成される演奏をこの距離で聴けたことはとても感動でした。ヴェートーヴェンのヴァイオリン・ソナタは、今シーズンの中でも一番、良かったと思いました。
  • アンコールのノクターン以外は初めてでした。前の席で運指の勉強をさせていただきました。
  • とても聞きやすい選曲をいただき、楽しみにしておりました。こんなに間近で聞くことが出来、良かったと思います。
  • とても素晴らしかったです。楽器も音場も最上なので本当に楽しめました。
  • 味深かったのは25歳の若き凛々子さんが300年超えの名器ストラディバリウスから如何なる音を出し演奏するのか…
  • とても繊細で尚且つ安定感抜群の高音。
  • フォルテで弾いた時の低音は深く深く音を包み込むような共鳴が素晴らしかった。
  • 定員50名程のサロンでのデュオリサイタル、トンデモなく贅沢なひと時でした。

-------☆☆☆-------

~小春日和のハッピーバースデー~

穏やかで暖かな小春日和の午後、「2021YOU&愛♡ハートフルコンサートVol.7」を皆様にお楽しみいただきました。
11月28日…この日は丁度、A PIACEREのいわば11歳の誕生日でもあり、オープン12年目への入り口となる記念すべき日です。
赤いドレスを身に纏った髙木凜々子さん、白いドレスの須関裕子さん、…お二人揃って、この日をお祝いして下さっているかのようで、サロンとしてこのおめでたい紅白に喜びを隠せないオーナーでした。

 

愛知県ご出身の須関裕子さんには2015年11月、魅惑のトリオ~ロマン溢れる情感を求めて~に出演していただき、比類なきオーケストラパートの演奏で聴衆を魅了、いつか彼女の再演を願いつつ6年。若手演奏家として多方面で大活躍中の髙木凜々子さんにお声をかけて、今回のデュオリサイタルの実現となりました。

 

前日リハなしのデュオとして若干の不安もありましたが、力強いアドバイザー(井上様)を伴った開演前の綿密なリハに内心ホットしながら、華麗な演奏&アニメの声優並みの早口リハトーク(笑)にいささかのギャップを感じながら…、いざ本番へ。

 

前半後半ともにヴァイオリンソナタ演奏の歴史的な形式変化を感じさせる、誠に実直濃密なプログラムでしたが、お二人の真摯で華麗な演奏に大いに魅了されたお客様のお顔を拝見できたときのオーナーの心情をお察しくだされば幸いです。

 

抒情性豊かな変奏として個性あるモーツァルトの第二楽章、そしてベートーヴェンの第一及び第三楽章の演奏にお二人の今回のリサイタルへの意気込みを強く感じました。
かの第5番「春」・第9番「クロイツェル」は機会があれば是非お聴きしたいものです。

 

実は、後半はもう少し柔らかくポピュラーなプログラムを加えても良いのかな…とも考えましたが、今回はコアなお客様も多く、コロナ完全収束とは呼べない状況の中でオーナーとして企画面での難しい判断を強いられました。

 

あるお客様からいただいた感想に近いものが、偶然にもこの歌詞にありました。

 

たぶん何かが足りなかったんでしょう
それが何だったのかが 今もわからない
それがそれがわかっていたなら
あなたを傷つけはしなかったのに
(小春日和/中島みゆき)

 

コンサート開催するにあたって、芸術性に重きを置くかエンタメ性を重視するかは主催者としてとても判断が難しいところです。

 

皆様にクラシック音楽を楽しく聴いていただくことの大切さ…。
A PIACEREのハッピ-バースデーとなるこの日、改めて認識いたしました。

 

この11年間、皆様から沢山の優しさ、励まし、そして時には厳しいお言葉をいただきながら、A PIACEREとしてクラシック音楽文化普及を目的とした活動に邁進することができましたことに深く感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

 

明日を生きるすべての人に、サロン音楽がもたらす感動の風が吹きわたることを願いつつ。
いよいよ12年目に突入です!!

 

※K様、素敵なバースデーフラワーをありがとうございました。


 

-プログラム-



モーツァルト  ヴァイオリンソナタ 第25番 ヘ長調 K,377
ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ 第3番 変ホ長調 Op.12-3
プロコフィエフ ヴァイオリンソナタ 第2番 ニ長調 Op.94
ラヴェル ツィガーヌ

   
     
日時

20211128日(曜日)14:00-

   
演奏者 須関裕子(Pf.)、髙木凜々子(Vn.)
   
●  プロフィール・当日の概要はこちら
     
 
     
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
     
     
     



徐々に外気が寒くなってきました。秋を過ぎ冬に。一年が経つのは早いものですが一日を濃く、満足し過ごしたいものです。その点では、このコンサートがある日は特に充実感がありますね。さて次回は今年最後のコンサートです。来年の様子も見えてきましたら、WEBサイトでご案内します。


閲覧(186)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
ピアノやサロンについて
Produced by Motoki Yasyui