TOP  >  活動風景  >  pianoman  >  コンサート

pianoman さんの日記

2022
10月 30
(日)
18:30
イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタルを開催しました。
カテゴリー  コンサート
本文
2022年10月30日
     


~あの感動を再び…心に響く名曲コンサートシリーズVol.7
イリーナ・メジューエワ ピアノリサイタル

 

耳をすませばそっと聞こえてきそうな風のささやき…。人恋しさに心揺れる季節の中で、ふと気づく自然界の音に限りない郷愁を感じつつ…。

 

秋の日の午後はメジューエワさんの奏でる「Culture of sound」の世界へお客様をご案内しました。

 

音楽サロン A PIACEREとして記念すべき音楽物語「第100話」はメジューエワさんから届いた下記メッセージにすべてが語られているように思います。

 

『今回のプログラム、前半はブラームスの大作ソナタをお聴きいただきます。重厚な構造の中に、「愛」、「死」、「運命」といったドイツ・ロマン派的な主題を盛り込んだ、初期ブラームスを代表する傑作です。後半はロシア文化「銀の時代」(19世紀~20世紀)を代表する二人のピアニスト=作曲家、スクリャービンとラフマニノフの作品を演奏します。スクリャービンの繊細な抒情と、ラフマニノフの巨大なスケール感。ロシア・ピアノ音楽の醍醐味を味わっていただければ幸いです。皆様に楽しんでいただけるよう精一杯演奏したいと思います。』


-----☆☆☆-----

さて何を隠そう、大人になってから趣味のピアノを再開した私が、練習する曲のニュアンスを掴もうとして購入したCDの演奏者がメジューエワさんでした。(このCD、現在は販売されておらず貴重な宝物です)

 

昨年、メジューエワさんの流暢な日本語で音楽への想いを語られるTV番組を拝見しながら、彼女の生音を聴きたくて是非ともサロンへ招聘したいと一念発起。予め彼女の著作を二冊読破した上で、出演交渉に入りました。

 

ウクライナ侵攻やコロナ禍で、招聘に伴う困難も多々あったものの、窮すれば通ず、至誠天に通じて今回のご出演決定となりました。快諾いただいたメジューエワさんには感謝の一語に尽きます。

 

 

-----☆☆☆-----

〇力強く迫力を伴った素晴らしい演奏でした。メジューエワさんのCDは何枚も持っておりますが、Live演奏とは大違いですね。今回の演奏会を開催していただいた主催者の皆様に感謝いたします。

 

〇第100回記念すべき今日、極上の音楽を聴くことができ幸せな時間でした。
今後も楽しみにしております。

 

〇贅沢の一語に尽きる演奏会でした。メジューエワさんをこんな少人数で聴けるとは。
また良い企画をお願いします。

 

〇コンサートホールでは味わうことのできない贅沢な音楽を愉しむことができました。

 

〇初めてのサロンコンサート。音の響きに驚きの感動でした。また伺いたいです。
サロンの新たなコンセプトは『Classics the Small Luxury♬』
今回ご来場のお客様にもこのコンセプトを理解していただき大変嬉しく思います。

 

 

-----☆☆☆-----

演奏から強くうかがわれるのは、彼女の音=文化へのこだわり。
個性豊かな音の中に人生観&世界観が溢れ、高い精神性を伴う心地良い響きは聴く者の心をつかんで虜にしてしまうほどの不思議な魅力は特筆ものです。
D274から紡ぎ出されたアコースティックな生きた音の数々に至上の喜びを味わうことがてきました。

 
コロナ禍ではありましたが、終演後のCDサイン販売も快く引き受けてくださって、お客様には大変好評でした。(もちろん私も購入しました!!)

 

  

-----☆☆☆-----

終演後、メジューエワさんから届いたメッセージの一部です
『おかげさまで素晴らしいコンサートになりました。ツイッターも拝見しましたが100回記念コンサートのことでおめでとうございます。これからもますます充実したサロンに発展していかれることを願っております。』

 

 

-----☆☆☆-----

今回もサロンにお集まりのすべての皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

 

※当初はロシア語の通訳が必要なのでは? などと若干の不安もありましたが、若々しいお声の日本語で 「初めまして…」のご挨拶をいただき、ホット胸をなでおろしたオーナーでした。

 

 

-プログラム-



ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番 ヘ短調 Op.5
スクリャービン:前奏曲 (4曲)
(イ短調 Op.11-2, イ長調 Op.11-7, 嬰へ短調 Op.11-8, ロ長調 Op.22-3)
スクリャービン:二つの詩曲 Op.32

ラフマニノフ:幻想小曲集 Op.3
(第1曲 エレジー/第2曲 プレリュード/第3曲 メロディ/第4曲 道化師/第5曲 セレナード)
ラフマニノフ:練習曲「音の絵」 嬰へ短調 Op.39-5

   
     
日時

20221030日(曜日)14:00-

   
演奏者 イリーナ・メジューエワ
   
●  プロフィール・当日の概要はこちら
     
 
     
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート
音楽サロン A Piacere in 豊田コンサート



徐々に人が集まる空間が日常的になり、そしてそこで生まれる交流や笑顔が増えてきたように思います。これまで当たり前であったことになにか特別感が伴いますね。
当サロンでは、演奏家さんと来場者が一緒になってコンサート会場の雰囲気を作っています。ぜひ、そうしたあたたかな交流の場を保ち続けてゆきたいと思います。(広報 元規)
2022年の予定はこちら



閲覧(3299)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
ピアノやサロンについて
Produced by Motoki Yasyui