【10th Anniversary ムービー】小川恭子・樋口一朗・森田啓佑リサイタル

音楽サロン A・PIACERE in豊田

「A・PIACERE」――この言葉は音楽用語で、“自由に” “気ままに” という意味があります。

 

当サロンでは、その言葉を大切にしながら、聴く、奏でる、見る、知る、そして 集い語らい合うことができる空間づくりを目的に、2010年にオープンいたしました。

 

ピアニストをはじめとする演奏家の皆さまには、最高の舞台を。

 

そして、当サロンで鑑賞いただく皆さまには、その感性に語りかける豊かな音色をお届けできるようコーディネートしております。

 

音楽を通じて、幅広い層の方々との交流を演出いたします。

 

(株)カワイ音響システムに掲載されています。

【2021年3月28日】冨永愛子pf.・古賀智子vn.~ デュオ リサイタル ~
 

2021 You & 愛 ハートフルコンサートVol.1
冨永愛子pf.・古賀智子vn.
~ デュオ リサイタル ~


     

プログラム

ルクレール:ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 Op. 9-3
シューマン:3つのロマンス Op. 94
ヴィエニャフスキ:「ファウスト」の主題による華麗なる幻想曲 Op. 20
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第8番 ト長調 Op. 30-3
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op. 100

   

 ※使用楽器 スタインウェイD-274


プロフィール


冨永愛子

神奈川県出身。3歳より長沢あけみ氏指導のもと木下音感教育・ピアノを始める。 ピティナ・ピアノコンペティション全国大会において96年B級ベスト賞、97年C級ベスト賞、99年D級 銀賞、05年G級銀賞、併せて王子賞、洗足学園前田賞、J.ルヴィエ特別賞受賞。 9歳でかながわ音楽コンクール最優秀賞を受賞し、神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。大学在学 中の2008年第6回東京音楽コンクールピアノ部門で優勝。そのファイナルでは、渡邊一正氏指揮、日本 フィルハーモニー交響楽団とラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番を協演した。 東京音楽大学付属高校、同大学ピアノ演奏家コースを特待奨学生として学び、卒業後渡独。2014年ド イツ国立エッセン・フォルクヴァンク芸術大学プロフェッショナルパフォーマンスコースを最優秀の成 績で修了。菊地麗子、東誠三、H.シーグフリードソン、室内楽をJ.クリムキエヴィチ、E.シナイス キー各氏に師事。また、国内外のマスタークラス等でも多数の著名な音楽家より薫陶を受ける。 2010年『紀尾井ニュー・アーティスト・シリーズ』、2014年『東京音楽コンクール入賞者シリーズ』 でソロリサイタルを開催。「音楽の友」誌上で、「楽器の響きのツボを見事に捉えた音には意志があり、 スケールの大きな音楽観と歌心。繊細で詩的な表現のテクニック等々、冨永の可能性は無尽蔵」「無 垢で率直な感性とえぐるように鋭い感性が彼女の中に混在し、骨格や手にも恵まれている」「プリズム の光彩のように変化する音色、映像が浮かぶ表現力」等と評された。 2018年デビュー10周年、初のソロ・アルバム「リラの花」をリリース。「レコード芸術」準特選盤に 選ばれる。ソリストとして、飯守泰次郎、梅田俊明、川瀬賢太郎、汐澤安彦、広上淳一、宮本文昭、渡 邊一正、和田一樹各氏、日フィル、都響、東響、東京シティフィルと共演。2020年にはルーマニアの ブラショフ市にて、曽我大介氏指揮・ルーマニア国立ブラショフ・フィルハーモニー交響楽団とR. シューマンのピアノ協奏曲Op.54を共演し、成功をおさめた。 卓越したスキルによって紡ぎ出される澄んだ音色、冨永愛子の情熱的で瑞々しい音楽性には、既にファ ンも多く、最も注目されている若手ピアニストの一人として、近年益々期待を寄せられている。
<冨永愛子・公式HP> https://www.aikotominaga.com/



 

 

音楽サロン「A・PIACERE in 豊田」

     


古賀智子

愛知県豊田市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部卒業。
‘99~’06年、豊田市Jr.オーケストラ在籍。
第15回、17回、19回、子供のための音楽コンクール 金賞受賞、第17回併せて中日賞受賞。
全日本学生音楽コンクール名古屋大会 第53回 第2位、第55回 第3位入賞。
第5回、第6回 大阪国際音楽コンクール各第3位入賞。
大学4年時に藝大室内楽定期演奏会に出演。2011年より渡独。
カールスルーエ音楽大学修士課程ソロ科、デュッセルドルフ、ロベルト・シューマン音楽大学修士課程オーケストラ科を共に最優秀の成績で修了。
2012年、ドイツ国内の音大生で構成されるオーケストラ、ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニーのオーディションに合格。
正団員として定期的にヨーロッパ諸国へのツアーに参加、著名な演奏家との共演を重ねる。
2014年、 DAAD(ドイツ学術交流会)奨学金奨学生。学内にて選抜されドルトムント・フィルハーモニー管弦楽団、
デュイスブルグ・フィルハーモニー管弦楽団等、数々の楽団のプロジェクトに参加。
2015年より2年間、デュッセルドルフ交響楽団にアカデミー生として在籍。東京国際フォーラムでの音楽の祭典”ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015”に同楽団が招聘され、メンバーとして参加。2017年帰国。
2019年、豊田市文化新人賞受賞。
同年、日本演奏連盟主催 「新進演奏家育成プロジェクト リサイタルシリーズNAGOYA」に合格。
名古屋・伏見の電気文化会館にてソロリサイタルを開催。
2020年、(公財)とよしん育英財団より助成を受ける。
現在は、東京・愛知を中心にソロや室内楽、オーケストラ奏者として演奏する傍ら、後進の指導にあたる。
これまでに、室内楽を大野かおる、(故)岡山潔、エドワード・ブルンナー、ラルフ・ゴトーニ氏に、
ヴァイオリンを永田真理子、森下陽子、(故)若林暢、景山誠治、エリナ・ヴァハラ、ローザ・ファインの各氏に師事。
名古屋日独協会会員。ゲーテ・インスティトゥート主催の独語資格 Goethe - Zertifikat C1(独検1級~準1級レベル) 保持。
オフィシャルHP:https://www.kogasatoko.com

 

 

音楽サロン「A・PIACERE in 豊田」

     

やむをえない事情により、曲目が変更になる場合がございます。

▼プログラムはこちら(PDF)

   
日時 2021328日(曜日)
  開場 13:30
開演 14:00
   
チケット

3,000円
いずれも全席自由

チケットのお申込みは次の宛先まで
A PIACERE in 豊田
 ★ウェブサイトからはこちら
 ★お電話:090-4233-3445(吉田)   

   
主催 A PIACERE in 豊田
後援 (株)河合楽器製作所
  (株)名古屋ピアノ調律センター
   
問い合わせ A PIACERE in 豊田
TEL 090-4233-3445
     



お申し込みのお客様へ

皆様へ

ア ピアチェーレでは新型コロナウイルス感染症対策を万全にして、コロナ収束祈願~若手演奏家支援コンサートシリーズ~を順次開催いたします。

ガイドラインによる様々な制約等ございますが、特に下記事項につきましては何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

チケットのお申し込みはすべてウェブサイトから、

1回1名のお申し込み(指定口座へのお振込み)とします。

入場時に手指消毒対策及び検温を実施します。尚、発熱症状のある方や

体調のすぐれないお客様のご来場をお断りします。

施設内でのマスク着用、身体的距離の確保、手洗いの励行をお願いします。
休憩時でのお飲み物等の提供はございません。マイボトルをご持参ください。

終演後のご面会・サイン会・撮影会はございません。

出演者へのお花・プレゼントのお渡し、お預かりは出来ません。

サロン内では、主催者及びスタッフの指示に従ってください。

尚、開演前・休憩時には高機能空気清浄機等によって十分な換気を施し、お客様に安心してお楽しみいただけるよう配慮いたします。

【A PIACERE 10th Anniversary ムービー】福間洸太朗ピアノリサイタル

【A PIACERE 10th Anniversary ムービー】小瀧俊治・米津真浩デュオ リサイタル

【A PIACERE 10th Anniversary ムービー】三原未紗子&河尻広之リサイタル

2021年~2022年のサロン企画コンサート(予定)
2021年以降の予定 ご参加お待ちしております。

You&愛♡ハートフルコンサートシリーズ
①2021年03月28日(日) 冨永愛子Pf.古賀智子Vn.デュオリサイタル
 →お申し込みはこちら
※2021年06月20日(日) 詳細未定
※2021年08月01日(日) 詳細未定
※2021年08月09日(祝) 詳細未定
※2021年09月26日(日) 詳細未定
※2021年10月17日(日) 詳細未定 
※2021年11月28日(日) 詳細未定
※2021年12月26日(日) 詳細未定
※2022年03月20日(日) 詳細未定
リハーサルなどのサロンご利用案内
2021年ご利用予定案内

2月13日(土)14:00~17:00 紫竹様
「ピアッチ」です。
当サロンに新しい仲間が加わりました。A・Piacereの「ピアッチ」です。ピアッチは当サロンのロゴデザインも手がけたPh.D.ママさんデザイナーに作成いただきました。2020年、東京で開催されるビッグイベントのマスコットはピアッチに任せていただきたいなと今でも思っています。
新型コロナウイルス感染防止対策実施中
ピアノやサロンについて
Produced by Motoki Yasyui