音楽サロン A・PIACERE in豊田 へようこそ。

「A・PIACERE」――この言葉は音楽用語で、“自由に” “気ままに” という意味があります。

 

当サロンでは、その言葉を大切にしながら、聴く、奏でる、見る、知る、そして 集い語らい合うことができる空間づくりを目的に、2010年にオープンいたしました。

 

ピアニストをはじめとする演奏家の皆さまには、最高の舞台を。

 

そして、当サロンで鑑賞いただく皆さまには、その感性に語りかける豊かな音色をお届けできるようコーディネートしております。

 

音楽を通じて、幅広い層の方々との交流を演出いたします。

 

(株)カワイ音響システムに掲載されています。

【2019年8月25日(日)】中川真耶加ピアノリサイタル
 
●中川真耶加ピアノリサイタル~蒼穹に輝く虹色のA7~
 


     
-プログラム-


モーツァルト : ピアノソナタ第5番 K.283
ベートーヴェン : ピアノソナタ第3番 Op.2 No.3
ショパン : ピアノソナタ第2番 Op.35
ショパン : ノクターン Op.27 No.2
ショパン : スケルツォ第4番 Op.54

   

          ※使用楽器 スタインウェイD-274


プロフィール


中川真耶加(なかがわ まやか

愛知県出身。ヤマハ音楽教室(日響楽器)にて学び、愛知県立明和高校音楽科を経て、
東京音楽大学ピアノ演奏家コースを首席で卒業。
東京音楽大学大学院 器楽専攻鍵盤楽器研究領域を特別特待奨学生として修了。?

ピティナ・ピアノコンペティションにおいて2010年G級全国大会ベスト5賞、
2014年特級ファイナル銀賞及び王子ホール賞受賞。
ショパン国際ピアノコンクールin ASIAにおいて第11回高校生部門金賞、
第15回プロフェッショナル部門銅賞受賞。
第1回いしかわ国際ピアノコンクール高校生部門金賞受賞。
2015年17th International Fryderyk Chopin Piano Competition 2nd stageディプロマ取得。
FAZIOLIオンラインピアノコンクール第1位受賞。
2009年第3回”輝く未来”ジョイントコンサートに出演。
2012年PTNA名古屋支部文化事業部の支援により初リサイタル“8thあしながおじさんピアノリサイタル” 出演のほか、2015年あしながヤングピアニストコンサートでの招待演奏、PTNA王子ホール賞受賞披露演奏会の他、各支部入賞者記念コンサートにて招待演奏として多数出演。
また、宗次ディナータイム名曲コンサートをはじめ数多くのコンサートに出演。
2015年、2016年、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン丸の内エリアコンサートに出演。
大学在学中、東京音楽大学ピアノ演奏会~ピアノ演奏家コース成績優秀者による~に4年連続出演のほか2016年 東京音楽大学卒業演奏会、読売新聞社主催 第86回新人演奏会に出演。
また、2015年7月International Piano Festival in Naleczow( Poland)の招待を受けソロリサイタル開催。
同年Warsaw (Poland)でデュオコンサートに出演。2016年8月にKrakow(Poland) でソロコンサートに出演。
ロシアンピアノスクール、浜松国際ピアノアカデミー、ショパン国際マスタークラス、ザルツブルグセミナーなどで研鑽を積む。
これまでに遠藤誠津子、後藤康孝、長谷川淳、清水皇樹、鈴木弘尚、野島稔、武田真理、Leonid Margariusの各氏に師事。
2014年度ヤマハ音楽振興会音楽支援制度奨学生。2017年度山田貞夫音楽奨学生。
現在イモラ国際ピアノアカデミー在籍。

 

 

音楽サロン「A・PIACERE in 豊田」

     

やむをえない事情により、曲目が変更になる場合がございます。

▼プログラムはこちら(PDF)

   
日時 2019825日(日曜日)
  開場 13:30
開演 14:00
   
チケット

3,000円
いずれも全席自由

チケットのお申込みは次の宛先まで
A PIACERE in 豊田
 ★ウェブサイトからはこちら
 ★お電話:090-4233-3445(吉田)    

   
主催 A PIACERE in 豊田
後援 (株)河合楽器製作所
  (株)名古屋ピアノ調律センター
   
問い合わせ A PIACERE in 豊田
TEL 090-4233-3445
     



【2019年9月8日(日)】高木竜馬ピアノリサイタル
 
●高木竜馬ピアノリサイタル
  ~グリーグ国際ピアノコンクール優勝記念コンサート~
 


     
-プログラム-


L.V.ベートーヴェン/ ピアノソナタ第8番作品13 ハ短調《悲愴》
E.H.グリーグ/ 民族生活の情景
    ピアノのためのユモレスク作品19より第3番《謝肉祭》イ短調
M.A.バラキレフ/ 東洋風幻想曲《イスラメイ》変ニ長調
F.F.ショパン/ 練習曲作品10 第3番ホ長調『別れ』
F.F.ショパン/ 練習曲作品10 第12番ハ短調『革命』
F.F.ショパン/ バラード第1番 作品23ト短調
F.F.ショパン/ 即興曲第4番 作品66嬰ハ短調《幻想即興曲》
F.F.ショパン/ スケルツォ第2番 作品31変ロ短調

   

          ※使用楽器 スタインウェイD-274


プロフィール


高木 竜馬(たかぎ りょうま

1992年千葉県生まれ、26歳。2歳よりピアノを始め、7歳より故エレーナ・アシュケナージ女史に師事。16歳より故中村紘子、ミヒャエル・クリスト各氏に、22歳よりボリス・ペトルシャンスキー氏に師事する。渋谷幕張高校在学中に、ウィーン国立音楽大学コンサートピアノ科に合格。現在、同大大学院課程に在籍し、ミヒャエル・クリスト氏よりドイツ奏法を学ぶ。室内楽をマインハルト・プリンツ氏に師事。高名なピアニストであるパウル・バドゥラ=スコダ氏の自宅レッスンにも通い、ウィーン奏法の神髄に触れる。現在、かのゲインリッヒ・ネイガウス最後の高弟として、世界的に著名な名伯楽ボリス・ペトルシャンスキー氏の招聘を受け、イタリアの名門、イモラ国際ピアノアカデミー・ポストグラディエイト課程に併修。ロシア奏法の本流ネイガウス楽派の研鑽に励む。

 これまでに、奥田操、M.アルゲリッチ、A.ヴァルディ、A.セメツキー、S.エーデルマン、T.ゼリクマン、D.タイ・ソン、A.ナセドキン、D.ヨッフェ、A.ヒューイット、A.ヤシンスキー、N.フィッシャー、V.トロップ、S.ハフ、S.ドレンスキー、A.ピサレフ、P.ネルセシアン、O.ヤブロンスカヤ、G.ツィッターバルト(古楽器)、R.ブラウティハム(古楽器)各氏等から薫陶を受ける。音楽学を三ツ石潤司氏に師事。指揮法は、小澤征爾氏からレッスンを受け、現在、ウィーン国立音楽大学で指揮伴奏助手を務め、湯浅勇治氏に師事する。

 第1回日本チャイコフスキーコンクール、モスクワ第2回ネイガウスフェスティバル、第15回国際ピアノコンペティション “ローマ2004”、キエフ第6回ホロヴィッツ国際ピアノコンクール、第19回浜松国際ピアノアカデミーコンクール、第38回エレーナ・ロンブロ-シュテパノウコンクール、第26回ローマ国際ピアノコンクール、Dr.ヨーゼフ・ディヒラーコンクールで各々優勝。昨年9月には、第16回エドヴァルド・グリーグ国際ピアノコンクールにて、優勝及び聴衆賞を受賞する。今後は、日本及びノルウェーを始め、ヨーロッパ各地で、50回に及ぶリサイタルと主要オーケストラとの共演が予定されている。

 日本、ロシア、ウクライナ、アメリカ、イングランド、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、チェコ、サンマリノ、イタリア、フランス、ノルウェーなど世界各地で演奏。ウィーンフィルのニューイヤーコンサートでつとに有名なウィーン楽友協会大ホール(黄金のホール)を初め、モスクワ音楽院大ホール、ローマヴァッレ歌劇場、ヤロスラブリハーモニアホール、ウクライナ国立フィルハーモニアホール、キエフ国立オペラ座、モスクワクレムリン宮殿、ミュンヘンガスタイクホール、ウィーン楽友協会、ウィーンコンツェルトハウス、シェーンブルン宮殿、ローマキリノ劇場、グリーグ博物館ホール、グリーグホール等々、著名なホールで演奏する。日本では、みなとみらい大ホール、新国立劇場、紀尾井ホール、千葉京葉銀行文化プラザ、千葉県文化会館大ホール、水戸佐川文庫、ミューザ川崎シンフォニーホール、大阪フェニックスホール、カワイ表参道パウゼ、東京文化会館、サントリーホール大ホール、軽井沢大賀ホール、前橋市民会館、草津音楽の森国際コンサートホール等で演奏。現在は、日本とウィーンを拠点に広範な演奏活動を続ける。

 ロシアヤロスラブリ交響楽団、ウクライナ国立フィル、ウィーン室内管弦楽団、ノヴァ・アマデウス室内交響楽団、ベルゲンフィルハーモニー管弦楽団、トロンヘイムソロイスツ、千葉交響楽団、東京交響楽団、群馬交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団等のオーケストラと、アンドレア・バッティストーニを初め、ムラド・アナマメドフ、シュテファン・ヴラダー、ニコラ・サマレ、エドワード・ガードナー、飯森宣親、現田茂夫、伊藤翔、中田延亮、柴田真郁各氏等の指揮で共演。

 TV『題名のない音楽会21』TV『らららクラシック』ラジオ『NHK-FM 眠れない貴女へ』『〈東京の夏〉音楽祭』『スタンドアップ!クラシックフェスティバル2018』『春日大社御創建1250年奉祝 TVアニメ「ピアノの森」ピアノコンサート』等々に出演。演奏の模様は『オーストリア国営ラジオ』『BSジャパン』『NHK-FM リサイタル・ノヴァ』『NHK-FM ベストオブクラシック』等にて放送される。現在、NHK総合テレビ『ピアノの森』に雨宮修平メインピアニスト役で出演中。江副記念財団 第35回奨学生。

 

 

音楽サロン「A・PIACERE in 豊田」

     

やむをえない事情により、曲目が変更になる場合がございます。

▼プログラムはこちら(PDF)

   
日時 2019年9月8日(日曜日)
  開場 13:30
開演 14:00
   
チケット

3,000円
いずれも全席自由

チケットのお申込みは次の宛先まで
A PIACERE in 豊田
 ★ウェブサイトからはこちら
 ★お電話:090-4233-3445(吉田)    

   
主催 A PIACERE in 豊田
後援 (株)河合楽器製作所
  (株)名古屋ピアノ調律センター
   
問い合わせ A PIACERE in 豊田
TEL 090-4233-3445
     



【2019年9月22日】Trio Katze RECITAL
 
●Trio Katze RECITAL
 


     
-プログラム-


ベ-ト-ヴェン : ピアノ三重奏曲 第3番 Op.1-3 ハ短調
ブラ-ムス : ピアノ三重奏曲 第1番 Op.8 ロ長調


   

          ※使用楽器 スタインウェイD-274


プロフィール

 

愛知県立芸術大学出身の3人によるピアノトリオ。在学中の2016年に結成。
Kubelik Trio、Suk Quartet のマスタークラスを受講。
これまでに天野武子、菊地裕介、植村太郎、中尾純、プラハにてミハル・カニュカの各氏に師事。
オーディション合格者による豊橋プラットワンコインコンサート2017に出演。
東海地方を中心に、コンサートホール、公共施設などで演奏活動を行なっている。
“Katze”とはドイツ語で猫を意味する。3人とも猫好きであることからつけられた。
猫のように優雅でしなやかな、時に力強く、時に気ままな、自然体の音楽創りを心掛けている。


 

 

音楽サロン「A・PIACERE in 豊田」

     


犬塚沙希(ピアノ)

愛知県立明和高校音楽科を経て、愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻ピアノコース、同大学院音楽研究科博士前期課程を卒業。
在学中に学内選抜による、第47回愛知県立芸術大学定期演奏会、ピアノ名曲コンサート、新進演奏家コンサートに出演。
第15回ショパンピアノコンクールin ASIA大学生部門全国大会入選。
第24回日本クラシック音楽コンクールピアノ部門大学女子の部第5位。
第49回カワイ音楽コンクールSコースセミファイナル入選。
第33回JPTAピアノオーディション E部門全国大会入選。
2015年度山田貞夫音楽財団奨学生。
モーツァルテウム音楽大学夏期国際音楽アカデミーにて、マスタークラス受講、ディプロム取得。
これまでに、杉浦日出夫、鈴木謙一郎、中尾純、菊地裕介の各氏に師事。


 

 

音楽サロン「A・PIACERE in 豊田」

     


中村真帆(ヴァイオリン)

4歳よりヴァイオリンを始める。愛知県立明和高等学校音楽科を卒業。
愛知県立芸術大学音楽学部、同大学研究生を卒業。
第13回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門ファイナル入選。
第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第3位。
F.アゴスティーニ、D.ヴラホヴァのマスタークラスを受講。
ヴィオラスペース2017名古屋に出演。
第26回リゾナーレ室内楽セミナーを受講。
これまでに澤田幸江、神戸潤子、桐山建志、植村太郎の各氏に、室内楽を天野武子、百武由紀の各氏に師事。


 

 

音楽サロン「A・PIACERE in 豊田」

     


関根のぞみ(チェロ)

愛知県立芸術大学音楽学部器楽専攻弦楽器コース卒業。
在学中、学内選抜オーディションにより大学主催の「室内楽の夕べ」に出演。
第3回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第3位。
シュテファン・コンツ氏、ユルンヤーコブ・ティム氏のマスタークラスを受講。
これまでに、天野武子、松波恵子、野村友紀の各氏に師事。
現在チェコ、プラハ芸術アカデミーにて、ミハル・カニュカ氏に師事。


 

 

音楽サロン「A・PIACERE in 豊田」

     

やむをえない事情により、曲目が変更になる場合がございます。

▼プログラムはこちら(PDF)

   
日時 2019922日(日曜日)
  開場 13:30
開演 14:00
   
チケット

3,000円
いずれも全席自由

チケットのお申込みは次の宛先まで
A PIACERE in 豊田
 ★ウェブサイトからはこちら
 ★お電話:090-4233-3445(吉田)    

   
主催 A PIACERE in 豊田
後援 (株)河合楽器製作所
  (株)名古屋ピアノ調律センター
   
問い合わせ A PIACERE in 豊田
TEL 090-4233-3445
     



【2019年11月10日】實川 風 ピアノリサイタル
 
●實川 風 ピアノリサイタル
 ~名手に聴く The great classical music~
 


     
-プログラム-


ショスタコーヴィチ: 前奏曲とフーガ 第24番 ニ短調作品87-24
ラフマニノフ: コレルリの主題による変奏曲 ニ短調作品42
ベートーヴェン: 「プロメテウスの創造物」の主題による15の変奏曲とフーガ
           変ホ長調「エロイカ変奏曲」 作品35
プロコフィエフ : ピアノソナタ第7番 変ロ長調「戦争ソナタ」作品83

   

          ※使用楽器 スタインウェイD-274


プロフィール


實川 風(じつかわ かおる

2015年、パリで行われた名門ロン・ティボー・クレスパン国際コンクールにて、

1位なしの第3位、最優秀リサイタル賞、最優秀新曲演奏賞を受賞。

2016年、イタリアで行われたカラーリョ国際ピアノコンクールにて第1位・聴衆賞を受賞。

全国各地でのリサイタルなど、若手を代表する実力派として演奏活動を広げる。

ソリストとしてベートーヴェンを核とした本格的なレパートリーに取り組む一方、邦人作品の新作初演などでも作曲家より信頼を寄せられている。

海外の音楽祭への招待には、上海音楽祭、ソウル国際音楽祭、ノアン・ショパンナイト(フランス)・アルソノーレ(オーストリア)などがある。

東京藝術大学附属高校・東京藝術大学を首席で卒業し、同大学大学院(修士課程)修了。

山田千代子、御木本澄子、多 美智子、江口玲の各氏に師事。

グラーツ国立音楽大学ポストグラデュエート課程を修了。マルクス・シルマー氏に学ぶ。

 

 

音楽サロン「A・PIACERE in 豊田」

     

やむをえない事情により、曲目が変更になる場合がございます。

▼プログラムはこちら(PDF)

   
日時 20191110日(日曜日)
  開場 13:30
開演 14:00
   
チケット

3,000円
いずれも全席自由

チケットのお申込みは次の宛先まで
A PIACERE in 豊田
 ★ウェブサイトからはこちら
 ★お電話:090-4233-3445(吉田)    

   
主催 A PIACERE in 豊田
後援 (株)河合楽器製作所
  (株)名古屋ピアノ調律センター
   
問い合わせ A PIACERE in 豊田
TEL 090-4233-3445
     



演奏会・催し物のご案内

音楽サロン「A・PIACERE in 豊田」では、演奏会や音楽を通じた交流会を開催しています。


〇2019年サロン企画コンサート

2019年04月21日(日) 梅村知世 クララ生誕200年記念with石原悠企
 →終了しました。ご参加いただき、ありがとうございました。

2019年05月26日(日) 酒井有彩  ピアノリサイタル
 →終了しました。ご参加いただき、ありがとうございました。

2019年06月30日(日) 梅田智也  ピアノリサイタル
 →終了しました。ご参加いただき、ありがとうございました。

2019年07月28日(日) 梅村知世 クララ生誕200年記念with深瀬 廉
 →終了しました。ご参加いただき、ありがとうございました。

2019年08月25日(日) 中川真耶加 ピアノリサイタル
 →お申込みはこちら

2019年09月08日(日) 高木竜馬  ピアノリサイタル
 →お申込みはこちら

2019年09月22日(日) Trio Katze リサイタル
 →お申込みはこちら

2019年11月10日(日) 實川 風  ピアノリサイタル
 →お申込みはこちら

2019年12月01日(日) 小井土文哉 ピアノリサイタル


自主コンサート・発表会などのご案内

〇今後の自主コンサート等

2019年08月03日(土)
 ~クラリネット、チェロ、ピアノによる~Classic in Salon 愛知公演
  終了しました。 
「ピアッチ」です。
当サロンに新しい仲間が加わりました。A・Piacereの「ピアッチ」です。ピアッチは当サロンのロゴデザインも手がけたPh.D.ママさんデザイナーに作成いただきました。2020年、東京で開催されるビッグイベントのマスコットはピアッチに任せていただきたいなと今でも思っています。
ピアノやサロンについて
Produced by Motoki Yasyui